トップ / 矯正歯科の舌側矯正とは

矯正歯科の舌側矯正とは

矯正歯科の舌側矯正

矯正歯科のメリットとは

矯正歯科の舌側矯正とは、「リンガル矯正」や「見えない矯正」と呼ばれており、歯並びを矯正する歯科治療の時に装着する矯正治療用の装置を歯の裏側につけることで、歯の裏側にブラケットやワイヤーを装着するため、矯正装置が全く見えません。治療期間も、表側から行う矯正治療と変わらない上、装置自体も小さいため、違和感もなく、発音しづらいというデメリットが軽減されています。矯正歯科で治療できる舌側矯正は人目に付かないため、見えてしまう矯正器具を装着できなかった方に最適の矯正方法です。

矯正の方法は一つではありません

矯正の方法はひとつではありません。特徴があるので、自分にあった方法で治療することが必要です。ブラケットは歯並びと噛み合わせを治すことができます。歯の位置を決めやすく、もっとも綺麗にすることができる方法ですが、装置が見えてしまうことが欠点です。舌側ブラケット方法は、目立たないことが良いのですが、慣れるまで、食事がしにくかったり、発音がし辛かったりします。マウスピースは目立たず、唯一取り外しが可能な方法です。しかし、歯を動かす距離が長い治療には向いておりません。矯正は、治療期間を短縮させる方法もあります。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの様々な治療方法. All rights reserved.