トップ / インプラント手術カウンセリング

インプラント手術カウンセリング

インプラント手術方法

インプラント二回法の治療法

インプラントの治療法には、一回の手術で終わる一回法と、二回に分けて行う二回法があります。それぞれの症例に適した方法で行われるので、インプラントを希望する場合は、医師との事前のカウンセリングで十分に理解しておく必要があります。一回法では、人工の歯根と、冠をかぶせる土台となる部分が一体になっている物を使用するので、手術は一度で終わります。二回法では、まず歯根の部分だけを埋入して一度目の手術は終了し、骨と完全に癒合した時点で二回目の手術を行い、冠をかぶせる土台となる部分を装着します。一回法より手間はかかりますが、一度目の手術のあとは、歯肉の中に隠れてしまうので、感染の危険性もなくなりますし、骨と癒合するまでの間に、舌などが触って圧力がかかるような心配もないというメリットがあります。

二回法による治療法のメリット

インプラントの治療法には一回法と二回法があります。二回法では手術が二回必要になりますが、治療の成功率は一回の場合よりも高くなります。1回目の手術ではフィクスチャーの埋め込みを行い、その後に一旦歯肉を縫って閉じます。そのままあごの骨とフィクスチャーとが結合するのを待ちます。結合後にもう一度歯肉を切開し、アバットメントと上部構造を取り付けます。この方法を使用することによって感染症を予防することが出来るというメリットがあります。そのためインプラント治療における主流となっているのはこの治療法になります。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの様々な治療方法. All rights reserved.