トップ / インプラントでもう一度

インプラントでもう一度

インプラントを推奨

インプラントは歯が取り戻せる。

最近よく聞かれているインプラント治療、大小関わらずデンタルクリニックでは、診療科目として掲げている病院が増えていますが、この歯科治療は、入れ歯やブリッジと違って、見た目にも本物の歯に近く、そして硬いものが噛めるなど機能性も高いことから、自由診療とは言え希望される患者さんが増加傾向にあるようです。インプラント治療は、ブリッジのように、となり合う健康な歯を削る必要もないので、一本でも多く自分の歯を残そうという歯科学会においては、とても素晴らしい治療法として推奨されています。

体に優しい歯科インプラント

歯科インプラントは、失った歯の顎の骨に埋め込む人工歯根部分、歯冠部分に相当する上部構造、それらをつなぐアパットメントの3つの部分から構成されます。素材にはほとんどの場合、チタンが用いられます。理由は、チタンは金属アレルギーを起こしにくいこと、丈夫で軽いこと、錆びにくいことが挙げられます。このような方法で、失った歯に対して見た目や機能を取り戻すことができるだけでなく、正常な歯を構成することにより、別の歯への力を分散させることができるため、インプラントは、結果的に他の残った歯の保存にもつながります。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの様々な治療方法. All rights reserved.