トップ / 安全でリスク少ないインプラント

安全でリスク少ないインプラント

インプラントのリスク

インプラント一回法のメリット

埋め込まれたインプラントが歯槽骨と結合するのを待つ間、人工歯の土台となるアバットメントが歯肉から露出している状態になる一回法は、人工歯を取り付ける際に再度の切開を必要としない治療法です。外科手術が行われるのは一回なので、患者の負担が少ないのがメリットです。使用されるインプラントは、アバットメントと一体化している1ピース型と、アバットメントを装着する2ピース型があり、一体化している1ピース型は強度に優れ、手術の時間も短縮することができます。当初は感染のリスクが少ないとされる二回法が主流でしたが、研究が進んだ結果、適切な処置が行われれば一回法もリスクは同等ということが明らかになっています。

一回法の治療法のメリットとは

インプラントの一回法は人工歯を取り付けるまでに外科手術が一回のみ行われる治療法です。麻酔後、歯肉を切開して、歯槽骨にドリルで埋め込む歯根部分と同じ長さ、太さで穴を開け、歯根部とアバットメントがいったいになったインプラントを埋入します。手術後は骨が結合するまで安静期間を置きます。最後に骨との結合を確認したあと、かみ合わせチェックをしながら人工歯を取り付けます。メリットとして、歯肉の切開が一度だけで負担が少なく、治療期間が短くてすむことと単純な構造なので、コストを抑えることができるということがあります。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの様々な治療方法. All rights reserved.