トップ / インプラント定期的なケアの方法

インプラント定期的なケアの方法

インプラントのケア

インプラント治療後メンテナンス

インプラントは手術をして設置をすればそれで終わり、というわけではありません。治療後にもメンテナンス方法を継続して行っていく必要があります。例えば歯周病の対策が必要となります。土台は患者さんの骨に埋め込みますが、そのすぐ隣にはご自分の歯ぐきがあります。ここに歯垢や歯石がたまってしまいますと、歯周病が起きてしまいます。すると、せっかく埋め込んだ土台がぐらついてしまい、抜けてしまうこともあるのです。その対策としては通常の歯と同じで、定期的にクリーニングすることが必要となります。インプラントそれ自体に破損などが生じていないかのチェックもしましょう。

治療後のメンテナンス方法

インプラント治療は高額な費用が必要になります。そのため、重要なのは治療した歯を出来るだけ長く維持していくことになります。ここでは治療後のメンテナンス方法について説明します。まずは自宅でのメンテナンスです。自宅ではブラッシングを丁寧に行います。インプラントは虫歯にはなりませんが、細菌の影響を受けやすく歯茎に炎症を起こしやすいです。そのため、歯と歯茎の境目を念入りに磨くようにし、細菌が繁殖しないようにすることが重要です。あとは定期的に歯科においてメンテナンスを受ける必要があります。かみあわせや歯のゆるみ、口腔内の衛生状況などを確認してもらいます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの様々な治療方法. All rights reserved.