トップ

インプラントの様々な治療方法

インプラントの方法

インプラントの治療法の違い

インプラントの治療法には一回法と二回法があります。どちらの治療法でも麻酔をして歯肉を剥がし、人工歯根を顎の骨に埋め込んだ後、顎の骨と結合するのを待つ過程は同じですが、人工歯根と人工歯を繋ぐパーツであるアバットメントの装着に違いがあります。二回法では歯肉を縫合で元に戻し、人工歯を装着する際に再び切開してアバットメントを連結するのに対して、一回法では人工歯根とアバットメントが一体化したものを埋め込むため、骨との結合を待つ間、先端が露出している状態になります。そのため、人工歯を装着する際に二度目の手術を必要とせず、比較的負担の少ないインプラント治療といえます。

治療法一回法と二回法

インプラントを取り付ける際の治療法は二種類あります。その中の一回法は顎の骨と結合させる下部のフィクスチヤーと上部のアパットメントが一体化したタイプのものを使用します。二回法との違いは取り付けまでの手術の回数で、二回法では最初にフィクスチャーだけを埋め込み3ヶ月~6ヶ月の治癒期間を置き、再度切開しアパットメントを取り付けるという手順をふみます。一回法インプラントは顎の骨がしっかりしていなければならないという条件をみたしていなければなりませんが、切開が一度で済むことから治療時間も短く患者の身体的負担が少ないことが利点と言えます。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの様々な治療方法. All rights reserved.